コンタクトレンズの使用目的

コンタクトレンズの使用目的

コンタクトレンズの使用目的

 

コンタクトレンズの使用目的は、主として屈折異常の矯正です(おしゃれ目的のカラーコンタクトレンズ、手術後に角膜を保護し、傷の治療を早める目的の治療用コンタクトレンズなどの例外もあります)。屈折異常には近視、遠視、乱視があります。目はカメラと同じような構造をしていて、外からの光をレンズに相当する角膜や水晶体で屈折させ、フィルムに相当する網膜で焦点を結ぶ仕組みになっています。網膜に正しく焦点を結ぶことができる状態を正視といい、光の屈折がうまくいかず、網膜に焦点が結べない状態を屈折異常といいます。

 

コンタクトレンズの長所と短所

 

【コンタクトレンズの長所】

 

・光学的にすぐれている

 

近視の強い人では、眼鏡はレンズが厚くなり、ものが小さく見えたり、ゆがんで見えるといった短所があります。コンタクトレンズは目に密着させて装用するのでそのようなことはありません。左右の視力差があっても、楽に見ることが出来ます。

 

・不正乱視(目の表面の凹凸)を矯正できる

 

眼鏡で矯正できない不正乱視でも、ハードコンタクトレンズを用いれば、目の表面の凹凸をカバーし、矯正をすることができます。

 

・視野が広い

 

眼鏡は縁にさえぎられて、視野が狭くなりますが、コンタクトレンズは裸眼と同じ視野が得られます。

 

・度数の変更が可能

 

近視矯正手術は度数変更が出来ませんが、コンタクトレンズやメガネでは環境に応じて、度数を変更することが出来ます。

 

【コンタクトレンズの短所】

 

・眼障害の危険性がある

 

目の表面に密着させるコンタクトレンズは、適応や装用方法を誤ると、目に大きな影響を与えます。

 

・レンズケアが必要

 

コンタクトレンズが汚れていると眼障害の原因になります。そのため、毎日、こまめにレンズケアを行う必要があります。

 

・装用できない人もいる

 

コンタクトレンズは目の状態によって装用できない人もいます。ドライアイ、結膜炎などの患者さんは装用できません。発育途上の小学生が装用すると、いろいろな影響が出る可能性があります。

 
ホーム サイトマップ