コンタクトレンズの分類

コンタクトレンズの分類

コンタクトレンズの分類

 

ハードコンタクトレンズ

・ 非ガス透過性ハードコンタクトレンズ
・ ガス透過性ハードコンタクトレンズ

 

ソフトコンタクトレンズ

ハイドロゲルコンタクトレンズ(従来の素材のソフトコンタクトレンズ)
・ 従来型ソフトコンタクトレンズ
・ 1日(毎日)使い捨てソフトコンタクトレンズ
・ 1週間連続装用使い捨てソフトコンタクトレンズ
・ 頻回(2週間)交換ソフトコンタクトレンズ
・ 定期交換ソフトコンタクトレンズ

 

シリコーンハイドロゲルコンタクトレンズ(新素材のソフトコンタクトレンズ)

 

・ 1週間連続装用使い捨てソフトコンタクトレンズ
・ 頻回(2週間)交換ソフトコンタクトレンズ
・ 定期交換ソフトコンタクトレンズ

 

ハードコンタクトレンズ(ガス透過性ハードコンタクトレンズを含む)の特徴

 

コンタクトレンズの分類

 

装用したときは異物感があります。ある程度の時間または、毎日確実に装用すれば装用感は良くなります。目に異物がはいったり、黒目の傷についたときは、痛みとして、敏感に反応し、早期治療が可能です。ラグビー、柔道などの過激なスポーツには不適切です。

 

 

 

 

ソフトコンタクトレンズの特徴

 

一般に装用感は良好です。逆に目の痛みを抑える効果があり、装用しているあいだに傷が悪化し、はずした直後に強い痛みを訴えることがあります。目への酸素供給はガス透過性ハードコンタクトレンズよりも劣ります。

 

使い捨てソフトコンタクトレンズ

 

使い捨てソフトコンタクトレンズは、ソフトコンタクトレンズです。、前述したソフトコンタクトレンズの長所と短所はすべて共通して持ち合わせています。。使用期間、装用方法が限定されているので、1日使い捨てソフトコンタクトレンズ、頻回(2週間交換ソフトコンタクトレンズ、1週間連続装用使い捨てソフトコンタクトレンズは、従来型ソフトコンタクトレンズと比較すると、それぞれ異なる長所と短所があります。

 
ホーム サイトマップ