疲れ目とドライアイ

疲れ目とドライアイ ドライアイは目によくないのです!

疲れ目とドライアイ

 

疲れ目とドライアイ

レンズの働きをしているのが水晶体で、フィルムにあたるのが網膜になります。目は対象物との距離に応じて水晶体の厚みを変えて焦点を合わせていますが、この調節をしているのが、水晶体のまわりにある筋肉(毛様体筋)になります。

 

水晶体はもともと扁平ですが、近くを見るときは毛様体筋が収縮して水晶体が厚くなります。

 

近くを見続けると筋肉の収縮が続くことになり、毛様体筋が疲労するのです。これが「目の疲れ」であり、一般的に「疲れ目(調節性眼精疲労)」といわれ、目が重い、かすむ、頭痛がする、吐き気がするなどの症状を伴うことがあります。

 

疲れ目を訴える人の実に6割はドライアイにかかっている

 

疲れ目を訴える人の原因には様々なものがあります。遠視、乱視、老眼、あわないメガネやコンタクトレンズ、斜視、近業作業など。しかし、なんといっても多いのはドライアイです。疲れ目を訴える人の実に6割がドライアイといわれています。

 

ところが、ドライアイが知られるようになったのは、つい最近のことなので患者さんも当然認識がなく、医師も他の病気と間違うことも少なくはありません。

 

疲れ目は結膜炎、角膜炎、緑内障といった病気が原因で起こる場合もあります。糖尿病や低血圧など全身疾患との関係もあります。治りにくい疲れ目の場合は、必ず眼科を受診するようにしましょう。

 

メガネやコンタクトレンズが原因となっていることが多い

 

疲れ目を訴える人の眼鏡やコンタクトレンズを調べると、合っていないものを使っていることが非常に多くあります。一番多いのは過矯正です。遠くを見たいという欲求から度数の強い眼鏡やコンタクトレンズをしている人に多いようです。人の疲れ目は、眼鏡やコンタクトレンズを適切な度数に下げるだけで、疲れ目の症状は軽減します。それ以外にも、医師の処方を受けずに眼鏡やコンタクトレンズを作成している人、眼鏡枠が小さい眼鏡を使っている人、古い眼鏡をそのまま使い続けている人は注意が必要です。

 

まぶたがピクピクけいれんする。疲れ目が原因となっていることが案外多い。

 

疲れ目とドライアイ

まぶたがピクピクけいれんするという訴えで眼科を訪れる人は少なくありません。何か重大な目の病気が発生したのではないかと心配して来院されることが多いのですが、原因は疲れ目であることがほとんどです。適切な眼鏡やコンタクトレンズを装用するだけで症状が軽減します。

 

ピクピクけいれんする症状がある場合は、眼鏡やコンタクトレンズの度数が不適切であったり、老眼鏡が必要であるにもかかわらず、使用していないことが非常に多くあります。眼科専門医に相談をするようにしてください。

 

 

 

 

目の疲れにはまず休息

 

全身の疲労、寝不足が原因で目が疲れている人は、まず十分に睡眠をよくとり体調を整えましょう。全身の疲労、寝不足では目の調節力が衰え、目の乾きが悪化します。過度の飲酒も同様です。睡眠を十分にとり、体調を整えることにより、目の調節力が回復し、涙も正常化します。

 
ホーム サイトマップ